KUROの新作メンズアウター、高級綿使用のデニムジャケット&コートやミリタリージャケット

2019年2月22日 13:34

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 KURO(クロ)から、2019年春夏シーズンの新作メンズアウターが登場。

■ミリタリージャケット

 今季、KUROが着目したのはミリタリーテイスト。ニドム加工を施すことによって生まれる独特な起毛感と、マットな質感が印象的なモッズショートジャケットは、フードを取り外して軽やかなスタンドカラージャケットとして着ることも可能だ。ゆったりとしたシルエットながら、アームのタックや袖口のアジャスターを締めるとスマートな印象に。季節の変わり目に重宝する1着だ。

 前身頃にポケットを4つあしらった無骨なミリタリージャケットは、オフホワイト、カーキ、インディゴの3色を用意。オフホワイトやカーキは、着れば着る程風合いに豊かさが増し経年変化を楽しめる高密度の生地を採用。インディゴは、高級綿のジンバブエコットンを使った6オンスのデニム生地を用いて、軽やかで吸湿性に優れたアウターに仕上げている。いずれも内側にはテープをあしらい、肩から背負うことのできる仕様となっている。

■軽やかなデニムジャケット&新型コート

 継続モデルのデニムジャケットからは、程良い色ムラが表情豊かな新色が登場。ざっくりとした織で仕上げ、洗いにかけたデニム生地を採用している。装飾を削ぎ落した、ミニマルなデザインが魅力だ。

 また、新型のデニムコートにも注目したい。手作業で収穫された高級綿のジンバブエコットンから仕立てた6.5オンスのデニム生地を使った、肌なじみの良いアウターだ。袖丈をやや短めに設定し、“浴衣”のような和風のフォルムに仕立てられている。

■詳細

 KURO 2019年春夏 新作メンズアウター取扱店舗:KURO GINZAKURO TOKYOKURO OSAKA、KURO取扱各店価格例:・Sulfur Dyed Nidom Mods Short Jacket 64,800円(税込)・Sailor Cloth Army Jacket 45,360円(税込)・Loose Denim Big Jacket HERITAGE WASH 02 / Faded Indigo 32,400円(税込)・Denim Inner Collar Shirt Coat 34,560円(税込)【問い合わせ先】KURO GINZATEL:03-6274-6257

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードKURO(クロ)

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース