SUBARU「アドレナリン」という名のスポーツクーペ、ジュネーブで発表

2019年2月22日 09:50

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

SUBARUが第89回ジュネーブショーで世界初公開するコンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」、スオーツクーペのプロトタイプか?

SUBARUが第89回ジュネーブショーで世界初公開するコンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」、スオーツクーペのプロトタイプか?[写真拡大]

写真の拡大

 SUBARUは、スイス・ジュネーブで開催される第89回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデー:2019年3月5日~6日/一般公開日:3月7日~17日)において、コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)」を世界初公開すると発表。

【こちらも】スバル・レヴォーグ2.0ターボ、欧州市場に投入 SGP採用前の最後のモデル

 現地時間 3月5日午前10時45分より、ショー会場のSUBARUブースにてプレスカンファレンスを行なう。なお、同ブースでは、e-BOXERを搭載した欧州仕様の2車種もあわせて展示する。

 VIZIVは「Vision for Innovation」を語源とする造語で「革新のための未来像」の芋を持たせた。昨年のジュネーブ・ショーで展示した「VIZIV TOURER CONCEPT」は、シューティングブレーク風の4ドアモデルだったが、今回公開した画像では、2ドアのクーペのコンセプトカーと思える。

 SUBARUのスポーツクーペについて、2016年にミッドシップスポーツのPHEVの噂が流れたことがあった。もしかすると……。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
SUBARU、STIが米国市場向け“Sシリーズ”初の「S209」をデトロイトで公開
SUBARU、STIと共同でフォレスターのコンセプトモデルほかをオートサロンで発表
2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが、新型3車種が猛追する
SUBARU、2025年130万台の世界販売、新中期経営ビジョン「STEP」発表
SUBARU、新型フォレスターの予約受注を開始、国内は4グレード構成

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスバルコンセプトカー

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース