経団連、会社のAI活用レベルがわかるチェックシートを公表

2019年2月20日 23:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日本経済団体連合会(経団連)が、「AI活用戦略~AI-Readyな社会の実現に向けて~」なる提言とともに、「AI-Ready化ガイドライン」なる「チェックシート」を公開した(朝日新聞)。

 このチェックシートは企業におけるAIの採用レベルを5段階で診断するもので、レベル5なら「AI-Powered企業として確立・影響力発揮」ができるという。

 スラドのコメントを読む | 人工知能

 関連ストーリー:
中国の汚職撲滅AIシステム、取り締り能力が高すぎてお蔵入りか 2019年02月19日
岡山県警、防犯カメラを分析するAIシステムを導入へ 2019年02月08日
マコーミックとIBM、AIによる香辛料などの開発を共同研究 2019年02月07日
イーロン・マスク氏曰く、頭蓋骨にAIチップを搭載した強化人間こそが人類を救う 2019年01月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日本経済団体連合会(経団連)