(中国)上海総合指数は0.20%高でスタート、米中協議を見極めるムードが高い

2019年2月20日 10:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:44JST (中国)上海総合指数は0.20%高でスタート、米中協議を見極めるムードが高い
20日の上海総合指数は買い先行。前日比0.20%高の2761.06ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時37分現在、0.01%高の2755.83Ptで推移している。米中協議の成り行きを見極めたいとのムードが強まり、積極的な買いは手控えられている。一方、中国の政策期待が強まっていることが引き続き支援材料となっている。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース