日本の光インターネット速度、OEDC36カ国中23位

2019年2月20日 10:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日経新聞の調査で、日本の光インターネット回線の通信速度は経済協力開発機構(OECD)加盟36か国中23位と遅いことが分かったそうだ(日経新聞)。

 これに対し日本の技術力の低下が原因という声も出ているが、一方でインターネット接続業者らからはNTT東西がフレッツ網における輻輳問題を放置しているとの批判の声も出ている(日本インターネットプロバイダー協会の発表資料)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | NTT | インターネット

 関連ストーリー:
固定回線においても従量制や速度制限などの導入が今後増えていく? 2017年11月13日
@niftyの固定回線向けインターネット接続サービス、混雑改善のため帯域制限を導入へ 2017年05月23日
NGN網のオープン化に対する意見、NTTへの不満が集まる 2017年02月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNTT

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース