ロボットが人間の会話を代行する婚活イベント開催

2019年2月15日 08:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 一般社団法人CiP協議会やサイバーエージェントが「ロボットが会話を代行する婚活パーティ」なるものを開催した(CNET JapanロボスタITmedia)。

 このイベントではシャープのロボホンを使用し、相手とのコミュニケーションをロボホンが参加者に代わって行ってくれるという。これにより、会話が「少し苦手」な方でもコミュニケーションが取れるという。

 今回はAIが会話を自律的に行うのではなく、事前に入力して貰ったアンケートを基に、スタッフが作成していた文章をロボットが読み上げるという方式だったとのこと。また、「午前の部」はロボット同士の会話だけ、「午後の部」はロボット同士の会話後、人同士の会話も行うという違いがあり、午前の部は2組、午後の部は4組のカップルが生まれたという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ロボット

 関連ストーリー:
年齢や職業・年収などを一切明かさず行われる「DNA婚活」 2018年12月20日
スラドに聞け:合コン・婚活パーティなどに参加していますか? 2018年02月14日
「アニメ・漫画ファンに優しい結婚相談所」が秋葉原にオープン 2017年02月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットロボホン(RoBoHoN)サイバーエージェント

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース