韓国でSNIフィールドを使った特定サイトの接続遮断が始まる

2019年2月14日 09:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 韓国で「有害情報」の遮断を目的としたネット検閲が強化された(中央日報)。今回新たにURLやDNSではなく、SSL/TLSのSNIと呼ばれる仕様を使って接続先を検出し遮断を行う仕組みが導入された。これによって、約800件のサイトへのアクセスが遮断されたという。

 この影響で、日本のDMMが提供している人気ゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」へのアクセスも行えなくなり、韓国内の同ゲームプレイヤーからは批判の声も出ている模様(Togetterまとめ1Togetterまとめ2)。また、韓国では今後検閲対象を広げる動きもあるようだ。

 なお、こういったSNIを使った検閲を回避する手法も開発されている(Qiitaに投稿された解説記事)。この手法はTLS 1.3拡張で提案されており、今後採用例が増えるのではないかとも見られている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | インターネット | IT

 関連ストーリー:
中国政府、国内のTwitterユーザーを一斉摘発? 2019年01月17日
ベトナム、ネット規制を強化 2019年01月08日
エリック・シュミット曰く、将来インターネットが2つに分かれる可能性は考えられる 2018年09月26日
FirefoxがDNS over HTTPなどをサポート、批判も 2018年08月09日
ウガンダが「SNS税」を導入、しかし多くのユーザーはVPNを使って税支払いを回避 2018年07月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国艦これ

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース