マイクロソフト、IEは技術的負債をもたらす

2019年2月12日 22:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 MicrosoftがWIndows IT Pro Blogにて「The perils of using Internet Explorer as your default browser」(Internet Explorerをデフォルトブラウザとして使うことの危険性)なる記事を公開している(Engadget日本版)。

 MicrosoftはInternet Explorerでは独自の仕様を互換性確保のために保ち続けており、それによって古いIE向けのWebサイトやWebアプリケーションも現行のIEでは問題なく動作している。その一方で、新しいWebサイトは最近ではIEでのテストを行っていないこともあるとし、IEをデフォルトとすることは技術的負債を生むとしている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | IT

 関連ストーリー:
脱IE 10へ向けWindows 8世代のOSにIE 11を提供する方針 2019年01月29日
科学技術振興機構の電子ジャーナルプラットフォーム「J-STAGE」では未だにFirefoxが非推奨 2018年12月16日
Google Chromeは新たなInternet Explorer 6になりつつある 2018年01月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsInternet Explorer

広告