エンフォルド、2019年春夏コレクション発表 隠された場所に宿る美

2019年2月12日 22:56

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 エンフォルド(ENFÖLD)の2019年春夏コレクションが発表された。

■身体のフォルムを隠すアプローチ

 テーマは「HIDDEN BEAUTY(隠された美)」。“誰かの為に無理をして装うのではなく、服を纏う者が最高に贅沢な気持ちになれる服”をコンセプトに、身体のフォルムをあえて隠すようなパターンや、着心地の良いゆったりとしたシルエットを取り入れたピースを創り出していく。

 多用されたのは、生地にタックやギャザーをたっぷりと寄せることによって、立体的なフォルムを生み出すというアプローチ。たとえばロングスカートやワンピースは、表面の布を無造作に手繰り寄せることによって、ボリューミーなシルエットに仕上げている。パフスリーブを採用したロング丈の羽織りは、ウエストに細やかなギャザーを入れた。

■バックスタイルで魅せる

 バックスタイルで魅せるディテールも目を惹く。リラクシングなムードが漂うジャケットには、背中を覆い隠すかのような大ぶりのフリルをあしらった。2段構造のふんわりとしたスリーブが印象的なホワイトシャツは、背中の中央に向かって布地を寄せている。

 カラーは、ブラックやホワイト、グレーといったベーシックカラーに、オレンジ、ブルーといったエネルギッシュでビビッドな色彩を加えることで、アクセントを効かせた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードエンフォルド(ENFÖLD)2019年春夏コレクション

広告

財経アクセスランキング