ビールとワインを飲む順番と悪酔いの強さの関係 ドイツの大学が実験

2019年2月12日 11:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

「ビールとワインを一緒に飲んではいけない」「ワインの前にビールを飲んでも問題ないが、ビールの前にワインを飲むと悪酔いする」といった言い伝えについて、ドイツ・ヴィッテン/ヘルデッケ大学の研究グループが実験を通じて確かめている(論文The Registerの記事)。

2017年に行われた実験では3人1組の被験者について、1人はビール→ワインの順に飲んでもらい、1週間後にはワイン→ビールの順に飲んでもらっている。もう1人は逆順で、最後の1人は対照群としてワインのみまたはビールのみを飲んでもらい、1週間後にはビールまたはワインに切り替えて飲んでもらったとのこと。なお、被験者は実験と実験の間の1週間、アルコール飲料の摂取を避けるよう指示されている。

ビールとワインは呼気中アルコール濃度(BrAC)が0.05%を超えた時点で切り替え、切り替え後に0.11%を超えた時点で終了する。主な評価項目は実験終了後の急性悪酔いスケール(AHS)による悪酔いの強さと、それに結び付けられる各要素となっている。2回の実験を完了した被験者は19歳~40歳の計90名(男45、女45)。飲み物の組み合わせや順序による悪酔いの強さに対する顕著な影響はみられなかったという。ちなみに、嘔吐する人は対照群で多くみられたとのこと。

なお、被験者は大学で公募しているが、健康状態などによるスクリーニングが行われている。東アジア系の人は除外されているため、日本人でも同様の結果になるのかどうかは不明だ。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | Wine | ビール

 関連ストーリー:
ウコンの主成分であるクルクミンに薬効はないという話 2017年02月01日
英国のアルコール摂取量ガイドライン、ビールは週8缶まで 2016年01月11日
酒に弱い人は心疾患や高血圧、肥満の可能性が低い? 2014年07月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドイツビール

広告