ブレインパッド 上方シグナル発生へのハードルは低い

2019年2月12日 08:29

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:29JST <3655> ブレインパッド - -
昨年11月29日高値8560円をピークに調整が続いているが、これまで5000円処が下値支持線として機能しており、押し目拾いのタイミングとして意識されそうだ。一目均衡表では雲下限を下放れており、転換点、基準線が上値抵抗として意識されている。ただし、遅行スパンは実線の安値水準に位置しており、上方シグナル発生へのハードルは低い。《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース