Spotify、創業以来初の黒字に

2019年2月11日 13:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

2018年第4四半期、Spotifyが初の営業利益を上げたそうだ(プレスリリース)。

第4四半期の売上は前年同四半期比30%増・2018年第3四半期比11%増の14億9,500万ユーロ。外国為替相場の変動は有料サブスクライバーからの売上に悪影響を及ぼしたが、無料ユーザーの広告収入からの売上には好影響があったという。粗利益は各42%増・17%増の3億9,900万ユーロだが、営業経費が各17%減・12%減の3億500万ユーロとなり、営業利益は9,400万ユーロとなった。なお、第3四半期の営業損失は600万ユーロだったものの、投資先のTencent Music Entertainmentが新規株式公開の手続きを開始したことで投資の再評価が行われ、初の純利益を計上していた。

月間アクティブユーザー数(MAU)は第3四半期から1,600万人増の2億700万人となり、初めて2億人を超えた。うち無料ユーザー分のMAUは700万人増の1億1,600万人。有料サブスクライバー数は900万人増の9,600万人となり、1億人が目前となった。Sporifyでは2019年第1四半期にMAU2億1,500万人~2億2,000万人、有料サブスクライバー9,700万人~1億人を見込む。第1四半期の業績見通しとしては、売上高が前年同四半期比20~33%増加する一方で、5,000万~1億2,000万ユーロの営業損失が見込まれるとのことだ。なお、Spotifyでは最近、広告ブロックを禁止する項目を利用規約に追加している(日本版は未改訂)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | インターネット | IT | お金 | 音楽

 関連ストーリー:
Spotifyの月間アクティブユーザー数が2億人に達する 2019年01月08日
Spotifyの有料ユーザー数、3か月で800万人増加 2018年07月29日
ティム・クック曰く、Apple Musicのユーザー数は5,000万人以上 2018年05月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSpotify広告ブロック

広告

広告