Apple、Safari 12.1でDo Not Trackサポートを削除

2019年2月10日 18:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AppleはSafari 12.1でDo Not Track (DNT)のサポートを削除するそうだ(リリースノート9to5Macの記事Mac Rumorsの記事DuckDuckGoのブログ記事)。

ユーザーがWebサイトに対しトラッキング拒否の意思を示すDNTだが、W3Cでは勧告候補どまりになっている。WebサイトはDNT設定に従う義務がないため、実効性がないだけでなく、逆にDNTがフィンガープリンティングの一要素として使われる可能性も指摘されている。

Safari 12.1は開発者向けにベータ版が提供されているiOS 12.2およびmacOS 10.14.4に含まれており、macOS 10.13.6/10.12.6でも利用できるとのことだ。 

スラドのコメントを読む | アップルセクション | YRO | Safari | インターネット | プライバシ

 関連ストーリー:
2018年中にサードパーティCookieが無効でもWebサービスが正常に動作するか確認を 2018年10月26日
Firefoxのトラッキング拒否機能を有効にするとWebページのロード時間が早くなる? 2015年05月27日
EFF、ユーザーの追跡を遮断するブラウザ拡張機能「Privacy Badger」のアルファ版を公開 2014年05月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleMacSafariノートiOS 12

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース