自動運転車の普及、駐車する代わりに低速で走行し続ける車増加か

2019年2月8日 13:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 自動運転車の普及によって都市部の渋滞が解消されるのではないかとの期待があるが、米カリフォルニア大学サンタクルーズ校の研究者によると、実際には渋滞は解消せず、むしろ都市部の車の速度が遅くなる可能性もあるという(MIT Technology ReviewTransport Policy誌掲載論文)。

 渋滞の原因としては、自動運転車では「移動」と「駐車」の境目が曖昧になることが挙げられている。たとえば自動運転車で目的地に移動して乗っている人を降ろした後、その付近に駐車せずに別の場所にある駐車場や家に移動したり、その周辺を自動で移動し続けるということが発生しうるという。こういった状況では低速で移動したほうがコストが安くなるため、その影響で全体的に車両の速度が低下するという。実際、サンフランシスコをモデルとしたシミュレーションでは、駐車料金が安くなる一方で移動に要する時間は長くなるという結果が得られたそうだ。

 また、この問題の解決方法として特定区域内にいる時間に応じて料金を徴収するようなシステムや、距離/燃料ベースでの通行料支払いのようなシステムが考えられるとされている。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
中国・北京の大通りを通行中の電気自動車、システムアップデート開始で立ち往生 2019年02月03日
ノルウェーの首都オスロ、2019年から市内中心部の駐車場を廃止へ 2018年12月27日
「運転を楽しむ」日本人ドライバーは43%、下落傾向 2018年11月28日
中国・杭州市、Alibabaと共同で交通渋滞緩和のためのシステムを構築 2018年08月08日
中国で車への無線IDチップ取り付けが義務化へ 2018年06月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自動運転サンフランシスコ

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース