ウル、2019年春夏コレクション発表 空想上の旅へ、その土地に馴染む服

2019年2月6日 22:42

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ウル(URU)は、2019年春夏コレクションを発表した。

■“Visionary”が年間テーマ

 2019年の年間テーマは、「Visionary」。“空想上の旅”をイメージソースに、デザインへと落とし込んだ。“もしアメリカに行ったら”、“もしアジアの国に出かけたら”、など、旅に出た街に自然と馴染んでいくような服を揃えた。

■開放感にあふれたワイドパンツ

 旅ならではの開放感を象徴するかのようにパンツのシルエットは、ふわっと空気を含んだようなワイドな形がメイン。立体感のあるネイビーのバギーパンツは、細やかなシワ感がのある、豊かな風合いの生地で仕立てられている。そのためか、形のボリューム感に対して圧迫感が少なく、伸び伸びとした奔放な空気感が感じられる。トップスにセレクトしたレッドとブルーのボーダーポロシャツや、裾に向けて広がるAラインのジャケットもまた、リラックスした表情だ。

 膝上丈のショートパンツにはタックを施し、生地の分量をたっぷりととってフレアなフォルムに仕上げている。胸元にポケットを配したドルマンスリーブのシャツに、エスニックに織り込まれたベルトを組み合わせると、どこかの土地に根付いた装いであるかのような、親近感を感じさせる。

■直線的/丸みのあるアウター

 アウターは、直線的なラインを描くコートやジャケットと、丸みを帯びたフォルムのジャケットに二分される。ホワイトやグレーのステンカラーコートは、優雅なドレープ感とともに身体を包み込む一方、ドルマンスリーブのブルゾンは、裾を絞り細やかなギャザーが寄せられてコンパクトに。ブルゾンは、オールドなミリタリースタイルを思わせる、V字のリフレクターを施したデザインも登場した。

■オリジナルのペイズリーやトロピカル柄など

 プリント柄の多用も、今季注目すべきポイント。しなやかなレーヨンのセットアップには、オリジナルのペイズリー柄が、深い色彩であしらわれている。トロピカルな長袖の開襟シャツや、褪せたような色味で穏やかなムードを纏うチェックのジャケットやブルゾンなど、ウルのミニマルな世界の中に、明確な意図を持った模様が入り込んでいく。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードウル(URU)2019年春夏コレクション

広告