自社採用サイト構築の「採用サイトビルダーCMS型」、Googleしごと検索に対応

2019年2月5日 12:58

小

中

大

印刷

「採用サイトビルダーCMS型」の機能紹介。(画像: カスタマの発表資料より)

「採用サイトビルダーCMS型」の機能紹介。(画像: カスタマの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 カスタマ(東京都江戸川区)は、同社の直接採用ツール「採用サイトビルダーCMS型」が、「Googleしごと検索」(Google for jobs)に対応したことを発表した。

 「採用サイトビルダーCMS型」は、初期費用無料、月額1万円の費用で、ダイレクトリクルーティング(直接採用)の要となるGoogleしごと検索とIndeedの両方に完全対応した採用サイトを持つことが可能だ。採用にかける費用をできる限り低減し、且つ自社にマッチした人材を獲得したいという全国の中小企業からのニーズを受けて開発したという。

 中小企業の多くが、人材不足に悩んでいる。事業継続や拡大には人材の確保が絶対条件となるが、自社にマッチした人材の確保は非常に困難だ。採用活動に掛けられる予算は限られているため、大手の求人媒体や人材紹介企業に依頼をすることは難しい。そこで注目されているのが、求職者に直接自社の魅力を発信し、自社の企業文化や企業理念に共感してくれた人材を採用する手法だ。 ダイレクトリクルーティングは、既存の採用方法よりも低コストで、自社の魅力や企業文化を最大限にアピールすることにより、共感を持った熱心な求職者からの応募を集めることができ、求職者の長期的な勤務を期待できるというメリットがある。

 一方で、効果的に自社の求人情報を周知するノウハウを持たずに、ダイレクトリクルーティングを展開することは困難と言えるだろう。そこを安価な料金でサポートするのが、「採用サイトビルダーCMS型」だ。同サービスを利用すれば、人材ビジネスの領域で実績のあるテンプレートを使用した採用専門の自社サイトを、独自ドメインで作成できる。またCMS型を採用しているため、ITに詳しくない担当者でも求人情報・求職者の管理を簡単に行うことも可能だ。

 これまでダイレクトリクルーティングの主流は、自社ホームページやSNSによるアピールだったが、大きなシェアを持つ求人検索エンジンIndeedと、新たに隆盛するGoogleしごと検索を最大限活用できる「採用サイトビルダーCMS型」も、その選択肢の一つに加わりそうだ。

関連キーワードGoogle中小企業

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース