マックスバリュ東北<2655>のフィスコ二期業績予想

2019年2月2日 21:26

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*21:26JST マックスバリュ東北<2655>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年1月24日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

マックスバリュ東北<2655>

3ヶ月後
予想株価
1,650円

イオンの連結子会社。秋田、山形、青森、岩手で食品スーパーを営む。ディスカウント業態や都市型小型店舗業態も。イオンリテールの東北部門と経営統合で合意。20年3月頃の統合完了を目指す。19.2期3Qは横ばい。

19.2期は生鮮売場の品揃え拡充や地場商品の販売強化などで客単価が上昇。だが競争激しく客数が苦戦。新レジの更新や店舗改装投資も重石に。経常益前期並みか。減損は減る。経営統合への期待感が株価を支える展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.2単/F予/106,500/1,250/1,250/420/31.97/0.00
20.2単/F予/108,000/1,350/1,350/480/36.53/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/01/24
執筆者:JK《FA》

広告

財経アクセスランキング