NY原油:反発、ベネズエラ混乱、OPEC減産、米リグ・カウント減少

2019年2月2日 08:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:44JST NY原油:反発、ベネズエラ混乱、OPEC減産、米リグ・カウント減少

NYMEX原油3月限終値:55.26 ↑1.47

2月1日のNY原油先物3月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比1.47ドルの55.26ドルで通常取引を終えた。米国の良好な経済指標を受け、需要増加期待が広がった。ベネズエラの政局混乱、石油輸出国機構(OPEC)の減産、米国の油採掘装置稼働数(リグ・カウント)減少で、供給ひっ迫懸念も広がった。《TN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース