コーセー「ヴィセ」、AIが写真1枚からパーソナルカラー判定し商品提案

2019年1月30日 18:56

小

中

大

印刷

「パソカラ」の画面イメージ。(画像:コーセー発表資料より)

「パソカラ」の画面イメージ。(画像:コーセー発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 コーセーは30日、同社が展開する化粧品ブランド「Visée」(以下、ヴィセ)の特設ページにて、AIを活用したパーソナルカラー診断サービス「パソカラ」を開始したことを発表した。「パソカラ」はヴィセ誕生25周年記念企画として行われるが、AIを活用したパーソナルカラー診断サービスは、日本初の試みという。

【こちらも】AIで仏像の表情を分析、感情や年齢を推定 奈良大の研究

 ヴィセは、流行に敏感な10代から20代の女性をターゲットにしたメイクアップブランドだ。1994年1月に誕生し、2019年1月に誕生25周年を迎えたが、パーソナルカラー判定サービス「パソカラ」は、誕生25周年企画の第1弾として発表された。AIによるパーソナルカラー診断サービスは、デジタルマーケティングなどを主な事業とするデジタルガレージと、パーソナルカラー診断やコンテンツ企画等に実績を持つStyle Works(スタイルワークス)との協業で開発した。

 好みや価値観が多様化する中、近年、消費者は「自分に合ったモノやサービス」を好む傾向が強まっており、ファッション、美容、健康などの分野においては、おすすめ商品を紹介するといった「パーソナライズサービス」が注目されていた。このような背景のもと、化粧品各社も「パーソナルカラー診断」をサービスとして提供してきたが、従来の「パーソナル診断」は、目の形や肌の色などのパーツの特徴を利用者が自ら入力し、その回答をもとに診断を行っていた。このため、「入力に手間がかかる」「主観的なデータによる診断のため正しい結果が導きにくい」などの課題があったという。

 今回コーセーが開始した「パソカラ」は、スマホで自分の顔を撮影し、取り込むことでパーソナルカラーを数秒で診断するため、手間がかからず客観的な診断が可能だ。また、客観的なデータによる診断結果をもとに「おすすめの商品」を紹介するため、今まで手にしなかった商品を新たに手にしてもらうなど、機会創出にもつながる。化粧品各社が「パーソナライズサービス」への取り組み強化が求められる中、今後もAIを活用した様々なサービスの登場が期待される。(記事:まなたけ・記事一覧を見る

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース