DeepMindのAI「AlphaStar」、StarCraft 2のプロプレイヤーに勝利

2019年1月30日 09:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Alphabet傘下の人工知能技術開発企業DeepMindが、人気ゲーム「StarCraft 2」をプレイする人工知能(AI)を開発した。このAIは「AlphaStar」と名付けられており、同ゲームをプレイするプロプレイヤーに勝利したという(WIREDMIT Technology ReviewAUTOMATONTogetterまとめ)。

 StarCarft 2は、ユニットを操作して施設や拠点、ユニットの生産、相手ユニットとの戦闘などを並行して行い、相手施設を破壊することを目指す「リアルタイムストラテジー」と呼ばれるジャンルのゲーム。今回使用されたAlphaStarは、囲碁のプロ棋士に勝利したことで有名になった「AlphaGo」の技術を応用したもので、プロプレイヤーに対し10勝1敗という成績を収めたという。

 ただし、StarCraft 2ではプレイ時に「種族」を選択できるが、学習の関係上人間プレイヤーは特定の種族しか利用できず、また人AlphaStarでは人間プレイヤーとは異なるカメラ設定が用いられていたとのことで、完全に平等な条件ではなかったようだ。とはいえ、今回AlphaStarと対戦したプロプレイヤーのMaNa氏は「AlphaStarから新しい戦い方を学習している気分だ」と述べているという。

 スラドのコメントを読む | 人工知能 | ゲーム

 関連ストーリー:
DeepMindのAI、チェスと将棋、囲碁の最強AIに勝利 2018年12月11日
AIによる殺人兵器への開発を拒否する宣言 2018年07月25日
新たな囲碁AI「AlphaGo Zero」、人間の対局データを使わないことでさらなる強さを獲得 2017年10月20日
DeepMindがAlphaGo同士の対局の棋譜を公開 2017年06月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)AlphaGo

広告

写真で見るニュース

  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース