マイクロソフト、脱IE 10へ向けWindows 8世代のOSにIE 11を提供する方針

2019年1月30日 09:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 MicrosoftがInternet Explorer 10からの移行のため、Windows Server 2012およびWindows Embedded 8 Standard向けにInternet Explorer 11を提供するという(窓の杜MicrosoftのWindows IT Pro Blog)。

 Windows 7/8.1/10およびWindows Server 2008 R2/2012 R2/2016ではIE11がサポートされているが、Windows 8やWindows Server 2012ではIE10までしか利用できない。そのため、2019年春よりIE11の提供を行うことにしたようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネットエクスプローラ | Windows | IT

 関連ストーリー:
主要ブラウザーは2020年にTLS 1.0/1.1を無効化する計画 2018年10月18日
MS、IE10は消費電力が低いと主張 2013年06月07日
Windows 7用のInternet Explorer 10、正式版がリリースされる 2013年03月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 7Windows 8Internet Explorer

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース