(中国)上海総合指数は0.18%安でスタート、景気の先行き不安などが足かせ

2019年1月29日 10:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:50JST (中国)上海総合指数は0.18%安でスタート、景気の先行き不安などが足かせ
29日の上海総合指数は売り先行。前日比0.18%安の2592.36ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時41分現在、0.27%安の2590.01ptで推移している。景気の先行き不安が足かせに。また、米中通商協議があす30日から2日間の日程で行われる予定となり、慎重ムードも強い。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース