「返済が滞っている人」が半径500mにいると通知するアプリ 中国で開発

2019年1月28日 21:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 中国では市民の信用情報を収集する「信用スコア」システムが存在するが(過去記事)、これを利用して「債務の返済が滞っている人が近くにいると通知する」というアプリが開発されているという(GIGAZINERT)。

 このアプリは中国の河北省地方政府が開発を進めているものだそうで、周囲500mの範囲にいる人の信用情報を取得、債務の返済が滞っている人の存在を地図上に表示するという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | プライバシ

 関連ストーリー:
中国で車への無線IDチップ取り付けが義務化へ 2018年06月20日
中国の「信用スコア」システムは当局によって恣意的に運用されている 2018年05月02日
Tencent、ゲーム内での活動をスコア化 2018年04月15日
中国、鉄道・旅客機で危険行為などをした人に対する利用制限開始へ 2018年03月18日
中国、市民の社会的活動と経済的活動をスコア化して格付けするシステムを構築中 2016年12月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

広告