もんじゅ、使用済み核燃料取り出し作業で遅れ

2019年1月28日 21:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 廃炉が決まっている高速増殖炉「もんじゅ」の使用済み核燃料取り出し作業で遅れが発生しているという(福井新聞日経新聞毎日新聞)。

 1月中までに使用済み核燃料合計100体を取り出す予定だったが、1月20日までに作業が完了しているのは83体で、月内に残り17体を取り出すのは難しいとして断念したようだ。29日は定期検査が本格化されルため取り出し作業は中断され、再開は9月になるという。計画では2022年末までに530体を取り出す予定。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力 | 原子力

 関連ストーリー:
「もんじゅ」廃炉計画第1段階が認可される、7月より燃料取り出し作業を開始へ 2018年03月30日
毎日新聞がもんじゅのナトリウム抜き取りは困難と報道、原子力機構は否定 2017年11月30日
脱・原発にかかるコストは約40兆円という試算 2017年02月28日
高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉が決定 2016年12月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード廃炉もんじゅ

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース