24日の香港市場概況:ハンセン0.4%高で続伸、中国証券セクターに買い

2019年1月24日 18:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:00JST 24日の香港市場概況:ハンセン0.4%高で続伸、中国証券セクターに買い
25日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比112.78ポイント(0.42%)高の27120.98ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が59.97ポイント(0.56%)高の10691.00ポイントとそろって続伸した。売買代金は801億7200万香港ドルとなっている(23日は778億1900万香港ドル)。

中国の政策に対する期待感が持続する流れ。本土株高を追い風に、香港の各指数は中盤から上昇に転じた。中国人民銀行(中央銀行)の緩和スタンス、北京市の5G(第5世代移動通信)産業支援策など、景気テコ入れに向けた動きが相次いでいる。もっとも、上値は限定的。米中関係の悪化が警戒されるなか、月末の米中通商交渉が気がかり材料として意識されている。中国の王岐山副主席は23日、ダボスで開催中の世界経済フォーラム(WEF)年次総会で「自国第一主義に基づく行動は国際秩序を脅かす」などと演説。トランプ米政権を暗にけん制した。劉鶴副首相は来週30~31日の日程で、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表やムニューシン財務長官らと通商協議する。

業種別では、中国の証券ブローカーが高い。華泰証券(6886/HK)が3.4%、広発証券(1776/HK)が3.0%、海通証券(6837/HK)が2.5%、中信証券(6030/HK)が2.0%ずつ上昇した。市場活性化の思惑が強まったている。中国の習近平・国家主席は23日に開かれた中央全面深化改革委員会で、上海証券取引所にハイテク・スタートアップ企業向け市場「科創板」を創設すると正式発表した。

石油関連セクターもしっかり。中海油田服務(2883/HK)が7.7%高、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が2.1%高、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が1.4%高、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が1.0%高で引けた。油田掘削の中海油田服務に関しては、2019年設備投資予算の20%増額が手がかり。業容の拡大が期待されている。また、CNOOCは23日引け後、19年の経営戦略を発表し、2年連続増産の目標を打ち出した。

スマートフォンや5Gネットワーク関連の銘柄群も物色される。小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(2018/HK)が3.9%高、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が3.1%高、通信設備の中興通訊(ZTE:763/HK)と京信通信系統HD(2342/HK)がそろって1.7%高、光ファイバーケーブルの長飛光繊光纜(6869/HK)が2.1%と買われた。上述した北京市政府の「5G産業発展計画」に続き、他地域でも同様の政策が公表されるとの観測が流れている。

本土市場も続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.41%高の2591.69ポイントで取引を終えた。金融株が相場をけん引。ハイテク株、消費関連株、自動車株、医薬株、運輸株、不動産株なども物色されている。

【亜州IR】《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース