JR大阪駅の「エコタクシー専用」乗り場、EVタクシー激減で閑古鳥

2019年1月24日 16:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 JR大阪駅では8年前から電気自動車(EV)およびハイブリッド車専用の「エコタクシー専用乗り場」が設置されているそうだが、EVタクシーの数が激減したことからあまり使われない事態になっているという(毎日新聞)。

 なぜプロパンハイブリッドのJPN TAXIはここに来ないのか。なぜ充分なバッテリ容量を持つ筈のテスラ車はタクシーとして使われないのか。(右ハンドルモデルが限られているきらいはある)特に後者について、二次電池自動車に詳しい方の弁解を求む。

 EVタクシーはバッテリー切れの問題があり、現在登録されているEVタクシーは4台しかないという。利用者が少ないため、ハイブリッド車を採用するタクシーもこの乗り場への乗り入れを敬遠する状況だそうだ。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
世界各都市で広まる公共交通機関EV化 2018年12月19日
オーストリア、電気自動車のみ高速道路の制限速度を引き上げる方針を導入へ 2018年11月27日
ニューヨーク市、全タクシーを日産のミニバンに置き換えへ 2011年05月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース