(中国)上海総合指数は0.14%高でスタート、米中関係の悪化懸念で上値重い

2019年1月24日 10:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:44JST (中国)上海総合指数は0.14%高でスタート、米中関係の悪化懸念で上値重い
24日の上海総合指数は買い先行。前日比0.14%高の2584.65ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時38分現在、0.03%高の2581.68ptで推移している。米中関係の悪化懸念が高まっていることが指数の上値を押さえている。一方、政策期待や中国人民銀行(中央銀行)による資金供給などが指数をサポートしている。《AN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース