(中国)上海総合指数は0.14%高でスタート、米中関係の悪化懸念で上値重い

2019年1月24日 10:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:44JST (中国)上海総合指数は0.14%高でスタート、米中関係の悪化懸念で上値重い
24日の上海総合指数は買い先行。前日比0.14%高の2584.65ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時38分現在、0.03%高の2581.68ptで推移している。米中関係の悪化懸念が高まっていることが指数の上値を押さえている。一方、政策期待や中国人民銀行(中央銀行)による資金供給などが指数をサポートしている。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース