ダンヒル、2019-20年秋冬メンズコレクション発表

2019年1月24日 08:57

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ダンヒル(dunhill)は、2019-20年秋冬メンズコレクションを、2019年1月20日(日)に、フランス・パリで発表した。

■光沢感のある素材&リュクスなシルエット

 印象を残すのは、上質な光沢感を放つ素材と、リュクスなゆとりのあるシルエット。ハリのあるウール地で仕立てたロングコートは、深いブラックの色彩がシックな落ち着きを演出し、大きめな襟がモードな雰囲気を放つ。和服のような合わせのジャケットや、緩やかなセンタープレスのパンツもまた、気品あふれる表情を見せる。

 その他、ドレープを描くネイビーのトレンチコートや、艶やかなグレーのレザーで仕立てたテーラードジャケット、ガンクラブチェックのステンカラーコート、身幅・肩幅共に大きめなフォルムのグレンチェックのジャケットといったアイテムは、アイテムそのものはクラシカルながら洗練された表情が特徴的。素材の上質感と、適度に緊張から解放されたシルエットが絶妙なバランスで相まって、コンテンポラリーなスタイリッシュさを作りだしている。

■研ぎ澄まされた美しさ

 ボタンやファスナーなども含め、表面上にほとんど装飾を施していないのも特徴的。襟を立ててきたテーラードジャケットや、レザーのコート、ブラウスは、留め具の部分が布で覆われ、見えないようになっている。唯一目に留まるのは、ダブルのジャケットやコートの金ボタンだが、表面がマットに仕上げられ、形も平面的な作りになっているため、服のシンプルな表情を崩すことなく配されている。プレーンでミニマルなデザインからは、研ぎ澄まされた美しさが感じられる。

 温かみのあるコーデュロイは、様々なカラーリングで登場。ブラウンのロングジャケットにカーキのインナー、ネイビーのパンツと、全てコーデュロイ素材で統一したスタイリングは、独自の起毛感と素材のツヤが相まって優雅な印象だ。マットな質感のベロアは、アウターの襟に部分的に使われることで、奥行きのある上品さをプラスする。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードパリダンヒル(dunhill)2019年秋冬コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース