近鉄、万博に向け大阪・夢洲と奈良の直通特急検討

2019年1月22日 22:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 近畿日本鉄道(近鉄)がけいはんな線と奈良線を繋ぐ「渡り線」を建設し、大阪メトロ中央線・夢洲駅から奈良や名古屋、伊勢志摩方面を結ぶ直通特急の実現を検討しているという(共同通信毎日新聞京都新聞産経新聞)。

 また、けいはんな線は給電用レールを使用する「第三軌条方式」を採用しているのに対し、奈良線はパンタグラフを使用する「架空電車線方式」を採用している。そのため、どちらの方式にも対応する車両の開発も行うという。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
北陸新幹線のフリーゲージトレイン計画も断念へ、近鉄はどうする 2018年08月29日
近鉄がフリーゲージトレインの開発を推進 2018年05月18日
世界初という電気自動車専用の架線道路、スウェーデンで開通 2016年08月06日
新幹線「のぞみ」のパンタグラフ、左右逆に取り付けしていたのに12日間気付かず 2015年01月05日
JR東日本、バッテリー電車開発へ 2008年11月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード近畿日本鉄道

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース