ドリス ヴァン ノッテン、2019年秋冬メンズコレクション発表

2019年1月22日 17:15

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN) 2019-20年秋冬メンズコレクションが、2019年1月17日(木)にフランス・パリで発表された。

■「未来への郷愁」をテーマに

 今季のテーマは「未来への郷愁」。ジャケットやスーツを取り入れたフォーマルなスタイルを主軸に、次世代へのテーラリングについての見解を示す。

■伝統に新しい風をもたらす素材&シルエット

 コレクションの中では、ドリス ヴァン ノッテンが得意とする装飾は目立たず、落ち着いたカラーパレットが多い印象。ショーの始まりの合図と共に、ランウェイに現れたのはブラックやブラウン、グレーといったダークカラーのジャケットスタイル。フォーマル服におけるステレオタイプな色合いはそのままに、シルエットや素材に新しい変化をもたらす。リラックスしたムードを持つ、ブランドの従来の領域から一歩離れた、新たなクリエーションが展開される。

 肩を大きく落としたドロップショルダーや、高く細いウエスト。未来へと想いを馳せたテーラリングジャケットには、ワイドなプリーツパンツやバギーパンツ、ラップスカートなどが合わされていく。ブランドならではの緻密に計算されたシルエットによって、気品を残しながらも、新しい解釈で伝統のスタイルを再構築している。

■異素材のドッキングも

 フォーマリティの概念を覆す、その素材にも注目したい。セーターと組み合わせたサルエルパンツは、フライフィッシングの防水ウェアのアイディアから生まれたもの。フロントにラバーを、バックスタイルにダンガリーをあしらったユニークな一着となっている。またロングコートには、独特の光沢感を放つポリウレタンを採用。スーツ生地にキルティング加工を施して、フレッシュな印象に仕上げたジャケットもある。

■サイケデリックな色柄のセットアップ

 ショーの中盤、コレクションに彩りを与えるのは、様々な色彩を織り交ぜたタイダイ・プリント。パープルやオレンジ、グリーンなどを大胆に重ねたジャケットやシャツ、パンツなどが現れる。複数のカラーが混在しているのに、奇抜な印象に仕上がらないのは、テキスタイル上のモチーフを左右対称に並べた規則性が存在するからだろう。裏地にタイダイ・プリントを施した、リバーシブルのジャケットやレインコートも登場した。

■ボタニカル模様も

 ジャケットやパンツには、ボタニカル模様をあしらった。豪華な植物柄のカーペットから着想を得たというデザインは、その重厚感や高級感溢れる光沢もそのままに表現している。今季のコレクションに共通していることだが、その見た目からは想像つかないほど、軽やかに仕上げられているのがポイント。自由な解釈で仕立てられた未来のフォーマルスタイルは、人々の日常に寄添う着でもあるのだ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)パリ2019年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
 

広告

ピックアップ 注目ニュース