ヴァレンティノ、2019年秋冬メンズコレクション発表

2019年1月21日 09:29

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ヴァレンティノ(VALENTINO)は、2019-20年秋冬メンズコレクションを、2019年1月16日(水)にフランス・パリで発表した。

■より自由な男性像を求めて

 今季のヴァレンティノが注目したのは、より自由な生き方を求めて流動的に存在を定義していく男性像。既成概念に凝り固まらず、制約を設けない発想で、ラグジュアリーなスーツからストリートスタイルまで、多様な要素を受け入れながら現代のテーラリングを追求する。

■アンダーカバーとコラボ - ラグジュアリーなテーラリングが鍵

 注目したいのは、アンダーカバー(UNDERCOVER)とコラボレーションしたグラフィックだ。スカルにヴァレンティノのロゴを乗せたイメージや、ヴァレンティノのネームとベートーヴェンの肖像を反復した模様など、アンダーカバーのシュールなグラフィックを、ヴァレンティノのラグジュアリーな素材使いと、端正な仕立てで再解釈した。

 ヴァレンティノの頭文字である“V”とエドガー・アラン・ポーの肖像、UFOのグラフィックをコラージュした絵柄は、ウール地のコートにインターシャで施されることで、立体感とともに独特な余韻を残す。

 ダイナミックなグラフィックや、ストリートの文脈上にあるダッドスニーカー、オーバーサイズのコートやフーディといったアイテムは、素材の上質感によって品格漂う存在感を放つ。UFOが半分だけ形を見せるステンカラーコートは、深みのあるカーキの色彩、程良い光沢感が、しなやかなシルエットと相まって上品さを演出する。

 尚、ヴァレンティノと同日に行われたアンダーカバーのショーにおいても、両ブランドがコラボレーションしたウェアが登場している。

■ビルケンシュトックとタッグを組んだサンダルも

 また、ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)ともコラボレーション。ブラックのアリゾナサンダルは、ソールの側面に「VLTN」ロゴが白文字であしらわれている。ヴァレンティノレッドのアリゾナサンダルは、バックルとフルレザーのフットベッドをすべて1色で統一。アイコニックな1足に仕上げている。

■象徴的な“VALENTINO”ロゴ

 クリーンなケープコートや、ブラックのストール付きコートに、大胆かつスタイリッシュに施された“VALENTINO”ロゴにも注目。身体を横断するようにあしらわれたロゴは、モダンにもクラシカルにも見え、ヴァレンティノのコアに内在する多様性を象徴しているかのようだ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションスニーカーヴァレンティノ(VALENTINO)パリ2019年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース