イッセイ ミヤケ メン、2019年秋冬コレクション発表

2019年1月20日 22:28

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN) 2019年秋冬コレクションが、2019年1月17日(木)フランス・パリで発表された。

■キーワードは“風”

 今季のイッセイ ミヤケ メンは、風が持つ自由さやエネルギーをインスピレーション源にワードローブを仕立てた。クラフトとテクノロジー、多彩な染織技法を駆使して、温かくも軽やかな空気を纏った仕事着を提案する。

■風を表現した鋭利なグラフィック

 ファーストルックを飾ったのは、漆黒のテキスタイルの上を“風”を切るように横断する、イエローの鋭利なグラフィック。リネンリヨセル生地にロウケツ染めをすることで生まれたこのグラフィックは、セットアップとなって登場する。本来ハードな印象をもたらすはずのワードローブだが、その生地は風を含むとふわりと舞う程軽やか。テキスタイルとグラフィックで相反するテイストを混在させることで、フレッシュな印象を与えてくれる。

■力強いフリンジで、荒れ狂う風を表現

 “風”を連想させるモチーフは、素材や手法を変えながらあらゆる形となって現れる。なかでも目を惹いたのは、グレーのロングコートにあしらわれた、力強いストライプ状のフリンジ。荒れ狂う風から着想を得たというこのディテールは、あらゆる方向に逆立っており、エッジのきいたシルエットを演出する。

■“渦風”グラフィックも

 また転写プリントによって表現された“渦風”のグラフィックは、イエローやオレンジに彩られた、オーバーサイズのジャケットの裾元に登場。ポリエステルの中空糸を使用したことで、大きなシルエットながらも軽やかな着心地を実現している。また撥水性にも優れた機能を搭載。纏う者の“日常に寄添う服”を提案する、デザイナーの拘りを感じることができる一着だ。

■不可視なものを可視に変える

 ほかにも“光の残像”を線のように捉えたイメージをツイードで再現したり、“スピード”を一本の太いラインで表現したりと、ワードローブの上には、日常に溢れる“目に見えない”モチーフが形となって姿を現わしていく。

■プレス加工が施された図形モチーフも

 ブランドが得意とする図形のモチーフは、立体的なフォルムで登場し、平面的なグラフィックが多いコレクションの中にリズムを生み出していく。黒のワークジャケットには、イエローブルー、ピンクの大ぶりなフラップポケットをセット。黒のスウェットを縦断する赤の幾何学的なラインは、プレス加工が施され、躍動感溢れるシルエットを生み出していた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードイッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)パリ2019年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース