映画『ゴジラ キング・オブ・ザ・モンスターズ』、ハリウッドゴジラ続編

2019年1月20日 12:50

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 映画『ゴジラ キング・オブ・ザ・モンスターズ』が、2019年5月31日(金)に世界同時公開となる。

■ハリウッド版ゴジラ続編

 本作は、2014年公開のハリウッド版ゴジラ『GODZILLA ゴジラ』の続編。前作の監督であり、近年では『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』をヒットに導いたことも記憶に新しいギャレス・エドワーズに代わり、『X-MEN: アポカリプス』の脚本などで知られるマイケル・ドハティが監督を務める。

■ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラが集結

 アメリカ版の予告編では、ドビュッシーの名曲「月の光」をBGMに、暗雲漂う空に向かって光線を放つゴジラ、幻想的な羽を羽ばたかせるモスラ、戦場となった都市上空を飛行するラドン、そしてそのシルエットのみが稲妻によって写し出されるキングギドラと、これまで日本のゴジラシリーズに登場してきた怪獣の姿が。

 この予告映像を披露したアメリカ・サンディエゴの「コミコン」会場では、監督のマイケル・ドハティが、前述の怪獣に加え、更なるサプライズがあると明言。果たしてどの怪獣が味方で敵なのか、あるいは人類vs怪獣という構造になるのか。同映像の中ではモスラらしき怪獣と邂逅する少女の姿があり、その関係性も本作の重要なポイントとなりそうだ。

■キャスト

 キャストは、Netflixのオリジナル作品「ストレンジャー・シングス 未知の世界」でその名を世に轟かせたミリー・ボビー・ブラウンのほか、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のカイル・チャンドラー、ブラッドリー・ウィットフォード、シャン・ツィイー、トーマス・ミドルディッチらが出演。また、劇中に登場する特別研究機関モナークに所属する博士役で渡辺謙、同じくモナーク所属の古生物学者役でサリー・ホーキンスが前作から続投する。

■作品情報

 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』日米同時公開:2019年5月31日(金)共同プロデューサー:アレクサンドラ・メンデス撮影監督:ローレンス・シャー美術監督:スコット・チャンブリス音楽:ベン・マクリアリー編集:ロジャー・バートン衣装:ルイーズ・ミンゲンバックVFX監修:ギヨーム・ロシェロンキャスト:カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、サリー・ホーキンス、渡辺謙、チャン・ツィイー他製作:レジェンダリー・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザース日本配給:東宝原題:Godzilla: King of the Monsters

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードゴジラ渡辺謙東宝ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーNetflixストレンジャー・シングス 未知の世界ゴジラ キング・オブ・ザ・モンスターズ

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース