光岡自動車、「ビュート」と「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジ

2019年1月20日 10:31

小

中

大

印刷

「Viewt」(ビュート)。(画像:光岡自動車発表資料より)

「Viewt」(ビュート)。(画像:光岡自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「Viewt なでしこ」
  • 「Viewt」インテリア
  • 「Viewt」インテリア
  • 「Viewt」
  • 「Viewt なでしこ」

 光岡自動車は、同社の主力コンパクトモデル『Viewt』(ビュート)と『Viewt なでしこ』(ビュート なでしこ)をマイナーチェンジし、1月20日から全国で発売する。

【こちらも】光岡自動車、「Himiko」をマイナーチェンジ

 ビュートは光岡自動車を代表する車種である。最初の発売は1993年1月20日。同社の歴史の中で最も長い販売期間と最多の生産台数を誇り、また受注生産による手作りで製造されている。

 ビュートは改造自動車と言われるものの一種であり、独特のクラシックな外見は、日産のマーチをベースに、その完成車両を一台一台、手作業によりカスタマイズするという手法で生産されている。

 なお、ビュートの基本モデルは現在3代目だが、基本的なデザインは一貫して変更をされていない。今回のマイナーチェンジでは、人気の高いボディカラーの標準化し、標準食が従来の6色から15色に拡大(オプションカラーは28色)。その他、メーカーオプションに関しては、両車種とも共通の見直しが行われている。

■メーカーオプションの共通変更点

 インテリアに、6色から選ぶことのできる「カラードドアトリム」を新設定。レザーカラーは、既存の「アイボリー」と「ダークレッド」に「ココア」を追加して全3色に。クラシックインパネのパネルカラーは、1色から7色へと追加。メーカーオプションの価格も全面的に改定した。なお、車両本体価格はそれぞれ従来通りである。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード光岡自動車

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース