「フードホールブラスト!」NY発“大人版”フードコート東京&大阪に誕生

2019年1月19日 21:03

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アメリカンフードホール「フードホールブラスト!(FOOD HALL BLAST!)」が、2019年2月9日(土)東京・大阪に同時オープン。

■フードコートの“大人版”が東京&大阪に誕生

 「フードホールブラスト!」は、アメリカ・ニューヨーク発祥のフードホールをイメージした。リーズナブルなメニューが揃い、一度にいろいろなお店の味を楽しめる“食のアミューズメントパーク”を目指す。日本でおなじみのフードコートの“大人版”のような存在だ。キーワードは、「CRAFT(クラフト)/CASUAL(カジュアル)/COOL(クール)」の3つの「C」。職人のこだわりが輝く手作り感のある料理を、リーズナブルな価格で楽しむことができる。

■「フードホールブラスト!トーキョー&オーサカ」出店ブランド

 「フードホールブラスト!トーキョー」と「フードホールブラスト!オーサカ」6業態が出店。うち3業態がアメリカから上陸したブランドとなる。

■カスタムピッツァ「ピッツァ クチノバ」

 注目は、日本初上陸となる、アメリカ・オハイオ発祥のカスタムピッツァ「ピッツァ クチノバ」だ。ソース、チーズ、トッピングを自由に選択する“カスタムピッツァ”を1枚(10インチ)あたり1,280円+税程度とリーズナブルなプライスで提供する。

■ファストカジュアル・メキシカン「クロニックタコス」

 また、カリフォルニア発のファストカジュアル・メキシカン「クロニックタコス(CHRONIC TACOS)」の国内2・3号店も登場。「ピッツァ クチノバ」同様にカスタマイズスタイルのレストランだ。タコスの生地をはじめ、中に挟む具材もセレクトできる。オーダーを受けてから調理するので、できたてのタコスが提供される。

■関東初進出「グリーンベリーズコーヒー」

 「フードホールブラスト!トーキョー」には、関東1号店となる「グリーンベリーズコーヒー(Greenberry’s COFFEE Roastery CO.)」もオープン。関西で人気のアメリカ・バージニア発カフェでは、こだわりのコーヒーを提供する。ブランド初のロースターを併設した店舗となる。

 そのほか、 樽生ワイン・樽生クラフトビール・樽生シードルが味わえる、国内最大級の樽数を持つパブレストラン「ドラフト パブ ベビー」の1号店や、 BBQ 肉バル「ブラスト バーベキュー」なども出店する。

■【詳細】

■フードホールブラスト!トーキョーオープン日:オープン日:2019年2月9日(土)住所:東京都渋谷区代々木2-7-12 営業時間:11:00~23:00(L.Oフード22:00 ドリンク22:30)<出店店舗>1F:ピッツァ クチノバ、クロニックタコス、グリーンベリーズコーヒー、ブラスト バーベキュー、バー リット2F:ドラフト パブ ベビー■フードホールブラスト!オーサカオープン日:2019年2月9日(土)住所:大阪府大阪市中央区難波2-1-2 太陽生命難波ビル1階・B1階 営業時間:11:00~23:00(L.Oフード22:00 ドリンク22:30)<出店店舗>1F:ピッツァ クチノバ、クロニックタコス、ブラスト バーベキュー、グリーンベリーズコーヒー、バー リットB1F:ドラフト パブ ベビー

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース