コモン スウェーデンの19年秋冬 再び鳴らす消費社会への警鐘

2019年1月19日 21:06

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 コモン スウェーデン(CMMN SWDN) 2019年秋冬コレクションが、フランス・パリで開催された。

■現代社会が抱える問題に、再び立ち返る

 前シーズンに引き続き、過剰な消費社会に対する問題提起を行う今季のコモン スウェーデン。デジタルが複雑化し、モノで溢れかえる現代。コレクションでは、そんな過剰な消費の一刻も早い“歯止め”を願う想いを、ワードローブへと落とし込んでいく。

■再構築したニットウェアをレイヤード

 コレクションで最も象徴的だったのは、解体され再構築されたニットウェア。一度解かれたニットは、“編み途中”のような不完全な仕上がりが印象的。さらにそれを、フォーマルなテーラードジャケットやアクティブなダウンなどのアウターに重ねた、自由で大胆なスタイリングを提案している。

■“余り布”で作るワードローブ

 また1つのピースに取り入れられたコラージュは、「リサイクル」に対する意識から生まれたものだろう。トップスにランダムに取り入れられたオーガンザや、ギンガムチェックのコットンなどは、実際にアトリエで不要になった“余り布”を使用したもの。オレンジ、ベージュ、ブラウン…と異なるカラーのレザーの切れ端を並べて、ジオメトリックな模様を描いたレザーパンツも登場する。

■インダストリアルな雰囲気のテキスタイル

 スタイルのアクセントとなるのは、コーティング加工が施された、人工的なテキスタイル。イエローにグリーンのペンキをこぼしたような特徴的なデザインが特徴で、トップスやタイツとなって登場している。ベージュやブラウンなど、落ち着いたカラーが溢れるスタイリングの中だからこそ、その存在感も抜群。現代社会で隠しきれなくなった消費問題を表現しているかのようだ。

■軽快なムードのボックスジャケット

 前シーズンに続き、アウターはボックスシルエットが主流。かっちりとしたフォルムのダブルブレストコートやテラードジャケットに堅苦しさを感じないのは、その袖口が大きな要因だろう。カフスから肘まで大きく開口したスリーブは、軽快かつアクティブな雰囲気をプラス。自由な発想1つで、服は無限に楽しむことができるのだ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2019年秋冬コレクション

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース