グライド、写真だけで引越し見積可能な「Hi!MOVE」 トラックシェアで価格も安く

2019年1月19日 13:35

小

中

大

印刷

新サービス「Hi!MOVE(ハイ!ムーブ)」。(画像: GLIDEの発表資料より)

新サービス「Hi!MOVE(ハイ!ムーブ)」。(画像: GLIDEの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 引越し見積一括比較サイトの「引越し達人セレクト」を運営するGLIDE(グライド)は、写真を撮るだけですぐに引越しの見積依頼ができ、トラックのシェアにより安価な引越し価格を提供できるサービス「Hi!MOVE(ハイ!ムーブ)」を18日よりスタートした。同社によると、業界初の試みとなる。

【こちらも】引っ越し難民の危機再び? 2018年よりもさらに供給能力は逼迫へ

 Hi!MOVEは、荷物の写真を撮って、サイト上で引越し予定日や現住所、引越し先住所など簡単な情報を入力して送ると、すぐにHi!MOVEの見積と相場料金が戻ってくる。そのままHi!MOVEで引越しをしたい場合は、名前・住所などの個人情報を入力し、その後かかってくる荷物情報確認の電話で問題が無ければ、引越し予約の完了となる。引越し日には、グライドが提携するプロの業者が対応する仕組みだ。

 荷物は段ボールに詰めた状態でなくともよく、部屋の写真でも可能。また、今までの見積比較サイトなどでは、先に名前や電話番号などの個人情報を入力しなければならなかったが、Hi!MOVEでは、見積料金を見て実際に引越しを決めてからの入力になるため手間も省け安心。電話番号も入力しないため、多数の引越し業者から電話がかかってくるという心配もない。

 また、提携する引越し業者の空き時間を活用し、使用するトラックの空きスペースを他の利用者とシェアすることにより、安価な価格を実現できるという。

 現段階では、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の1都3県のみのサービス提供となり、トラックを他利用者とシェアする前提の価格設定となるため、必ずしも希望の日時にできるとは限らない。また、当初は単身者の引越しのみの利用となっており、今後は2人以上の引越しへの対応も急ぐとしている。

 引越し業界は、慢性的な人手不足により料金の高騰が続き、「引越し難民」が多発している。特にハイシーズンは、トラックも人手も足りない上に料金が高く、予定通りの引越ができない人が多い。Hi!MOVEはこうしたシェアできる相手が多い混雑時にその威力を発揮できそうだ。

広告

広告

写真で見るニュース

  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース