世界最大級の航空機「Airlander 10」、量産スタート

2019年1月18日 16:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 全長91メートルという、世界最大級の航空機「Airlander 10」が商用生産段階になっているそうだ。

 Airlander 10は英国の航空開発企業Hybrid Air Vehicles(HAV)が開発した飛行船のような形状の航空機。飛行船と航空機の機能を兼ね備えたハイブリッド航空機で、あらゆるコンディションの陸地に離発着できるのが特徴。乗客定員数は19人(BBCThe GuardianPopular MechanicsTechableSlashdot)。

 同機は2016年から試作機によるテストが行われていたが(過去記事)、現在ではテスト段階が終了、現在は量産モデルと同等のモデルが複数同時に製造されつつあるとしている。10月には欧州航空安全局(EASA)の承認も取り付けおり、加えて英国の民間航空局(CCA)からの認可も受けたという。これにより、乗客を乗せて飛行させることが可能になっている。メーカーはすべてが計画通りに進めば、2020年代初頭に商用モデルのAirlander 10が販売されることになるだろうとしている。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
民間無人航空機が初めて大西洋横断に成功 2018年07月19日
飛行船と航空機を組み合わせた「Airlander 10」、テスト飛行中に電柱に引っかかって落下 2016年08月30日
飛行船と航空機を組み合わせた「Airlander 10」、初飛行 2016年08月24日
Googleのラリー・ペイジ、秘密裏に「空飛ぶ自動車」ベンチャーに100億円以上を投資していた 2016年06月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース