日経BP、VTuberの新人記者を採用 中の人も新人

2019年1月17日 12:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、  日経BP、日経xTECH発のバーチャル新人記者「黒須もあ(くろすもあ)」が活動を開始した

 プロフィールによると、誕生日は日経クロステック創刊日と同じ2月13日で誕生年は非公開。趣味は「パズルと音楽鑑賞」、好きな食べ物を「おでん」。センスと素早さがないどんくさい子だけれど、明るさと賢さと、時には激しさでやっていきそうなステータスである。採用直後にもかかわらず、看板連載を持って活動するそうだ。

 プロフィールは企業のキャラクターとしてツッコミどころが無いように、妙な「炎上」に発展しないように先例が研究されているように見える。キャラクターの造形も、男女どちらからも好感を得られやすいように、また外国でも出せるように上手く考えられており、女性的なシルエットを持ちつつも妙に身体的特徴を協調したりしていない。一方で、ある程度のお約束は守る「分かっている」人の作品であるように思う。

 なぜこのようにできたか、と言う経緯が、連載の初回で明かされている。担当の中の人は、2018年入社の新人ながら「VTuberに詳しい」という理由で東京ゲームショウの日経ビジネス企画のセッションのモデレータとして参加、成功させた仕掛け人だそうである。なにやら学生時代からこの界隈に関わっていたらしい。

 「2019年はそんなVTuberが新しいメディアとして認知される1年」としているが、定着していくだろうか、それとも単なる単発のイロモノネタで終わるだろうか、注目したい。

 ところで、スラドはこう言うのやらないのですか?

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 変なモノ | インターネット

 関連ストーリー:
アジア発のネット動画ジャンルが欧米でもブームに 2019年01月08日
伊達杏子の娘がバーチャルYouTuberデビュー? 2018年11月13日
最近(一部界隈で)よく聞く単語「バ美肉おじさん」とは 2018年09月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京ゲームショウ

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース