政府、海賊版サイトへの接続遮断を可能にする立法を断念

2019年1月17日 12:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年、漫画の海賊版を配信するWebサイトへの接続を遮断する「ブロッキング」の是非が大きな議論となったが、議論されていたブロッキングの法制化について、政府は今月下旬に召集される通常国会での関連法案提出を断念する方針を固めたという(産経新聞読売新聞時事通信)。

 こうした海賊版配信サイトを巡っては、政府がISPに対し自主規制を要請する状況となったものの、サイトが閉鎖されたこともあって結果的にブロッキングは実施されないことになっていた。

 その後、知的財産戦略本部の海賊版サイト対策検討会においてブロッキングの法制化が議論されたものの、賛成派と反対派で意見がまとまらないという事態となっていた。そのため政府は現時点ではブロッキングの法制化を断念する方針になった模様。

 今後は海賊版サイトへと誘導するサイトの規制や、海賊版サイトへの広告掲載抑制、漫画のダウンロード違法化などを対策として検討するという。ただ、ブロッキングという選択肢が完全に無くなったわけではなく、将来的には再度ブロッキングの是非が議論される可能性もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | YRO | インターネット

 関連ストーリー:
知的財産戦略本部の海賊版サイト対策検討会、結論を出せず無期延期に 2018年10月18日
ブロッキングの検討会、中間とりまとめができず延長へ 2018年09月24日
NTTグループ、漫画海賊版配布サイトのブロッキングを行わない方針に 2018年08月07日
政府、海賊版配信サイトに対する自主規制要請を決定 2018年04月13日
政府、海賊版サイトのブロッキングを検討か 2018年03月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード海賊版国会

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース