ストリームの「ECカレント」はCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を導入

2019年1月17日 09:33

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ストリーム<3071>(東2)は16日、同社が運営しているインターネット通販サイト『ECカレント(URL:http://www.ec-current.com/)』において、プレイド(東京都中央区)のCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を導入したと発表した。

ストリーム<3071>(東2)は16日、同社が運営しているインターネット通販サイト『ECカレント(URL:http://www.ec-current.com/)』において、プレイド(東京都中央区)のCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を導入したと発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■コンバージョン率(CVR)アップの効果が

 ストリーム<3071>(東2)は16日、同社が運営しているインターネット通販サイト『ECカレント(URL:http://www.ec-current.com/)』において、プレイド(東京都中央区)のCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を導入したと発表した。なお、ブレイド社のサイトに同社導入事例が紹介されている。    CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」とは、ウェブサイトやスマートフォンアプリの顧客行動や経験、感情の変化をリアルタイムに解析・可視化し、顧客の目線から顧客中心の体験を創るサービスである。

『ECカレント』に、「KARTE」を導入した結果、これまで効果の高かった施策のひとつとして、WEB接客ツールのチャット機能を18年9月から実現した。このチャット機能により10月以降年末商戦に向けて、従来のネット販売では商品を購入しないとコミュニケーションができなかったのが、商品購入を検討する段階からリアルタイムで顧客と会話できるようになり、コンバージョン率(CVR)アップの効果が出始めた。また、顧客が希望する配送場所に応じた最短納期のスムーズな案内等が可能となり、設置サービスが必要な冷蔵庫、テレビ等の大型家電の在庫施策と連動させたプロモーションを行っている。それに伴いサイトの回遊性を高め、会員登録・商品購入等のコンバージョン率の一層の向上を図るとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ダイヤモンドエレクトリックHDは田淵電機を支援、自動車のEVシフト等でシナジー効果を期待(2018/11/14)
全国保証は第1四半期2ケタ増収増益と好調、4400円どころは下値(2018/10/04)
ウィルは中部圏への活動エリア拡大へ、配当利回り妙味も増す(2018/10/03)
サンコーテクノは反発期待、19年3月期増収増益・連続増配予想で2Q累計2桁増益と順調(2018/11/09)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース