映像出力なしのRX470を改造して映像出力できるようにする方法

2019年1月15日 22:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 最近では仮想通貨のマイニングなどで利用される、映像出力端子が搭載されていないGPGPU向けグラフィックカード(Radeon RX470)の中古品が安く出回っており、これを活用する方法が先日話題になった(映像出力端子がないGPGPU向けグラフィックカードをゲームで活用する方法)。こちらはWindows 10の機能を使って別のGPU経由で映像を出力するというものだったが、ハードウェア的な改造を行なって映像出力端子を追加するという別の手法がDMM.make モノづくりログで紹介されている。

 映像出力のないRX470カード内には実はHDMIコネクタが実装されているが、いくつかの部品が実装されていないために利用できない状況になっているという。そのため未実装のパターン部分にチップコンデンサやチップ抵抗を実装し、ブラケットを加工して外部からHDMIコネクタにケーブルをさせるようにすることで映像出力を行えるそうだ。さらに、追加でHDMIコネクタや部品を実装することで2つのHDMIポートを同時に利用できるようになるという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ハードウェアハック

 関連ストーリー:
映像出力端子がないGPGPU向けグラフィックカードをゲームで活用する方法 2019年01月10日
画像処理によって画質を向上させるというチップ内蔵HDMIケーブル 2017年09月29日
USB Type-CポートとHDMIポートを直接接続可能にする「HDMI Alt Mode」発表 2016年09月09日
パナソニック、音質にもこだわったHDMIケーブルを発売 2012年10月24日
HDMIケーブルのブランドは気にすべきではない 2011年05月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsWindows 10仮想通貨DMM

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース