Microsoftのライセンス認証サーバーで不具合、多数のWindows 7が「非正規品」扱い

2019年1月15日 22:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Microsoftが1月8日に公開したWindows 7およびWindows Server 2008向け月例セキュリティパッチに不具合があり、導入後に「正規の製品でない」と表示されるようになったり、デバイスが動作しなくなったり、リモート共有フォルダが利用できなくなるといった不具合が確認されているという(ZDNet JapanITProSlashdot)。

 その後Microsoftは「非正規品」と表示される問題に対する見解を発表した。これによると問題の原因はライセンス認証や検証を行うMicrosoftのサーバーのアップデートによる不具合とのこと。すでにこの問題は修正されている(ZDNet Japan)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | Windows

 関連ストーリー:
1月2日にWindows Updateで配信されたExcel 2010向けアップデートに不具合 2019年01月07日
Windows 10では「更新プログラムのチェック」をクリックすると先行して緊急性の低いアップデートがインストールされる 2018年12月19日
ライセンスサーバーの問題でWindows 10 Pro/Enterpriseのライセンス認証が一部で無効になるトラブル 2018年11月10日
Microsoft、企業・教育機関向けWindows 10のサポート期間延長などを発表 2018年09月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 7

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース