高齢者は偽ニュースを拡散しやすい 米国での研究

2019年1月15日 23:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ニューヨーク大学およびプリンストン大学の研究者らが、65歳以上はほかの世代と比べて偽ニュース(フェイクニュース)を拡散しやすいという研究結果を発表した(ScienceAdvances掲載論文 The VergeGIGAZINE)。

 この論文は、2016年に3500人の被験者を対象に行った調査結果をまとめて分析したもので、被験者の属性によってどのように偽ニュースのシェア(拡散)数が変化するかを調べている。それによると、たとえば米共和党や独立政党を支持する層や自身について保守的だと考えている人は偽ニュースの拡散数が多いという傾向があったという。そして、属性に関係なく年齢が高くなるほど偽ニュース拡散数が多いという結果も得られたという。特に65歳以上は、45~65歳の層の2倍も偽ニュースを拡散する傾向があったそうだ。

 論文ではその理由について、まず高齢者はデジタルメディアに対するリテラシが不足している傾向があること、そして認知能力が低下しており偽ニュースを偽ニュースだと見抜けなくなっている可能性があると考察されている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ニュース | インターネット | SNS

 関連ストーリー:
メキシコで偽ニュースを発端とする殺人事件発生、SNSで扇動された群衆が無実の人物を生きたまま焼き殺す 2018年11月14日
SNSなどでの偽情報やプロパガンダ拡散に大金を支払う工作組織 2018年10月26日
インドでメッセージングアプリが発端のリンチ殺人事件が多数発生 2018年09月14日
MIT、「Twitterでは嘘は真実よりも速く拡散される」との研究結果を発表 2018年03月14日
Facebook、偽ニュースなどに「いいね!」したかどうかを確認できるツールを提供へ 2017年11月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード高齢者偽ニュース

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース