PCIホールディングスが活況高、発行株数の3.6%の規模の自社株買いを好感

2019年1月11日 12:18

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■取得期間が短く(2019年1月11日から19年2月8日)即効性など期待される

 PCIホールディングス<3918>(東1)は1月11日、急伸し、一時14%高の2264円(283円高)まで上げて12月19日以来の2200円台回復となっている。制御ソフトウェア開発やIoT/IoEソリューションサービスなどを行い、10日の取引終了後、発行済株式総数の3.56%に相当する15万株規模の自社株買い(自己株式の取得)を発表し、好感されている。出来高も急増。

 取得上限株数は15万株(自己株式を除く発行済株式総数の3.56%)、取得価格の総額は2億5000万円(上限)、取得期間は2019年1月11日から19年2月8日。取得期間が短いため、即効性などへの期待が少なくないようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース