7&iHD 大幅続落、第3四半期小幅増益にとどまり通期計画には未達懸念も

2019年1月11日 10:41

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:41JST 7&iHD---大幅続落、第3四半期小幅増益にとどまり通期計画には未達懸念も
7&iHD<3382>は大幅続落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は3043億円で前年同期比2.9%増益、9-11月期は同3.3%増益になった。通期予想は4150億円で前期比6.0%増益を据え置いているが、モメンタムに変化はなく、やや未達懸念も強まる状況とみられる。金融や専門店事業が上振れの一方で、暖冬の影響もあって、スーパーストアや百貨店事業が下振れる状況になっている。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース