京セラ子会社、再生可能エネルギー100%自給のデータセンターを石狩に開設へ

2019年1月4日 20:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 京セラ子会社である京セラコミュニケーションシステムが、再生可能エネルギー由来の電気だけを使うデータセンターを石狩市の石狩湾新港地区に開設する計画があるようだ(北海道新聞)。

 石狩といえばさくらインターネットの石狩データセンターも有名だが、今後日欧間の新しい伝送路として北極海を経由する計画があり、陸揚げ先に石狩が検討されていることも後押しになっているかもしれない。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
太陽光発電量が増えても既存の発電所を止められない理由 2018年10月24日
Google、再生可能エネルギーのみでの運営を100%達成 2017年10月18日
北極圏に世界最大のデータセンター建設計画 2017年08月22日
Googleがグリーンエネルギー計画失敗から学んだ教訓 2014年11月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道京セラ

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース