ソフトバンクが逆行高、今年、一度は公開価格を上回るとの期待が

2019年1月4日 13:34

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■上場後まだ公開価格1500円を上回っていないため願望も込めて注目される

 昨年12月に上場したソフトバンク<9434>(東1)は1月4日の後場、一段と強含み、13時を過ぎて1388円(30円高)まで上げて4日続伸基調となっている。12月19日に新規上場し、公開価格は1500円。上場後まだ公開価格を上回っていないため、「新年・年頭の願いも込めて、今年、一度ぐらいは公開価格を上回る局面があるのではないかと期待する雰囲気がある」(市場関係者)という。

 初値は1463円で、上場2日目に一時1176円まで下げる場面があった。アト講釈になるが、公開価格で1単元購入した投資家がこの安値で2単元買い増した場合、1単元あたりの平均買付単価は1284円になり、昨年末にかけての値戻し局面で損失を完全に埋め戻した計算になる。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ダイヤモンドエレクトリックHDは田淵電機を支援、自動車のEVシフト等でシナジー効果を期待(2018/11/14)
全国保証は第1四半期2ケタ増収増益と好調、4400円どころは下値(2018/10/04)
ウィルは中部圏への活動エリア拡大へ、配当利回り妙味も増す(2018/10/03)
サンコーテクノは反発期待、19年3月期増収増益・連続増配予想で2Q累計2桁増益と順調(2018/11/09)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース