政府、重要インフラに関する電子データを国内サーバーで保存するよう要請へ

2019年1月4日 09:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 政府が電力会社の発電システムや新幹線の運行情報といったインフラに関する重要な電子データについて、国内のサーバーで保存するよう各社に要請するという(読売新聞)。

 海外サーバーでこういったデータが管理されていた場合、回線が遮断されることでデータにアクセスできなくなる恐れがあるほか、サイバー攻撃などの問題が発生した場合に日本の警察や政府による対応が難しくなるといった懸念が出ている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ

 関連ストーリー:
マカフィーが2018年10大セキュリティ事件を発表 2018年12月13日
セキュリティ人材は足りている? 2018年08月30日
Telegramを禁じたイラン政府、国産アプリを公認メッセンジャーアプリに認定 2018年05月04日
サイバー攻撃グループ、ターゲットを米国機関からアジアや日本のインフラに切り替えた? 2016年03月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードサイバー攻撃

広告