東理ホールディングス<5856>のフィスコ二期業績予想

2019年1月3日 10:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:00JST 東理ホールディングス<5856>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年12月18日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東理ホールディングス<5856>

3ヶ月後
予想株価
60円

食品流通事業が主力。酒類製造事業や教育関連事業なども展開。ダイカスト事業から撤退。事業ポートフォリオを再構築。食品流通事業は収益堅調。新店舗の営業強化等を実施。営業外費用は減少。19.3期2Qは経常増益。

酒類製造事業は焼酎需要の減少等が響く。テスト関連事業部門は業績回復傾向。リフォーム関連事業は黒字転換。19.3期通期は経常増益見通し。PBRは1倍台。業績面が上値抑制要因になり、株価は上値の重い展開へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/15,540/250/270/-330/-/2.00
20.3期連/F予/15,650/260/280/200/2.30/2.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/12/18
執筆者:YK《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース